最終面接について

就職活動で最後にたどり着くのが最終面接です。
書類審査やこれまでの面接を通過しても、この最後の面接に合格しなければ、会社には採用されないです。
最後の面接では、会社の取締役や役員、あるいは社長本人が面接官として加わってくることが考えられます。
会社として、ほしい人材を面接という短い時間に見極めるための機会であるのと同時に、面接される側には相当なプレッシャーがかかるシーンでもあります。
面接そのものの質問の内容は、それまでの質問と大差ないことが多いです。
しかし、その質問に答える時にいかに自分を売り込めるかかポイントになってくると考えられます。
また、面接する会社のことをよく知っているか、なども重要です。
面接官から、会社のビジョンなどを逆に質問されることもあるので、あらかじめ採用希望の会社の方針や課題などをしっかり研究しておくことも大切です。
落ち着いて、自分のしっかりアピールできるように普段から準備しておきたいです。